薄毛の事を考えない日はない

薄毛・抜け毛を気にするようになったのは、社会人3年目の事でした。仕事中にトラックの運転手から「てっぺん薄くなったな。」と言われたのがきっかけでした。それまで全く気にしたことがなかったので、その時は受け流していました。

その後もことあるごとに言われるようになりました。ある日仕事が終わりお風呂に入っていた時に、ふと髪について言われたことを思い出しました。鏡でてっぺんを確認すると、確かに薄くなっているのがわかりました。ただ、この程度はどこにでもいるだろうと思い、特に何もしませんでした。ちょうどその時期に、美容師の先輩のことを思い出し電話をしました。

後日、その先輩の店に行き髪を切ってもらった際に、薄毛のことを話しました。先輩も、まだ気にすることないと思うけど、気になるなら早めに治療したほうがいいよ、と言ってくれました。それでも、まだ危機感のなかったので話半分で聞いていました。それから1~2年経ち、髪を切りに行った際に、先輩から薄くなってると言われ鏡で確認しました。

その時に初めてこれはまずいことになってると自覚しました。某育毛シャンプーを使用しましたが効果が見られず、先輩から薄毛や抜け毛に効くシャンプーがあると聞いたので購入して使用しました。それでも効果が表れず、再度先輩に相談しました。

そこで病院へ行ってはどうかと提案がありました。行くのも恥ずかしいし、高額だし、迷っていましたが、髪のことを考えると決意は一つでした。予約を取り初診を済ませました。受付や働いている人は女性だし、入りにくさはありましたが、周りの患者を見ると堂々としていたので、勇気づけられました。

飲み薬をもらい、説明に沿って使用していきました。効果が出るまでに最低半年と聞いていたので、辛抱強く使用していかなければならないと思い、何より万単位の出費なのでしっかり実行しようとする気持ちが生まれました。

続けていくうちに、一時的に髪が抜け落ちて、「本当に大丈夫か?」という思いもありましたが、それも説明通りだったので続けました。ある時から抜け毛が止まりました。そのあとは、薬を飲んでいけば髪の毛が生えるということでした。

しかし、高額ということもあり一か月おきに通院、2か月3か月と空いていき、プライベートも重なりいかなくなりました。だんだん薄毛が進行していき、通販の育毛剤を使用するようになりました。先輩の友人で薄毛の方がいて、同じ病院へ通っていたのですが、見違える程生えたと聞きました。続けていれば今頃…と思いますが、余裕ができるまで、育毛剤でしのごうと思います。