薄毛や禿は男性だけのものだと思っていたら、そうではないのです。

女性も加齢によって男性と同じように髪が薄くなります。

女性の加齢による薄毛がなぜ起きるのかをご説明しましょう。

 

男性の薄毛は病気の場合を除いてほとんどは男性ホルモンの影響で起こるAGA{男性型脱毛症}です、

女性の薄毛も多くは男性ホルモンが関係するFAGA「女性男性型脱毛症」です。

男性の薄毛は、体内で男性ホルモン「テストステロン」が脱毛物質「5a-リアクターゼ」と結びついて、「ジヒドロテストステロン」という悪玉男性ホルモンとも言うべき物質を作ることから引き起こされます。

このジヒドロテストステロンが頭髪の毛根に作用すると毛母細胞の分裂が妨げられて脱毛が起こります。

 

女性も体内に微量の男性ホルモン(テストステロン)を持っています。

しかし若いうちは女性ホルモン(エストロゲン)が、男性ホルモンの働きを抑えるので脱毛は起きません。

更年期になって女性ホルモンの分泌量が減ると、男性ホルモンが活動するようになり、5aリアクターゼと結びついてジヒドロテストステロンを作り出し、脱毛が起きるようになります。

女性の更年期は普通40代から50代にかけてですが、40歳前後から髪のトラブルが起き始めます。

 

女性の場合、脱毛よりも先に髪質低下が起こります。

髪の艶、ハリ、コシが失われて、髪が細くなります。

髪が頭皮に張り付いたような状態になって、全体的にボリュームが無くなります。

女性の脱毛は男性のように前頭部が後退したり部分的に禿げるのではなく、まず全体的に髪の量が減ってきます。

そして進行すると、頭頂部の地肌が見えるようになります。

女性は男性と違って、更年期を過ぎてもいくらかは女性ホルモンが体内にあるので、完全な禿げ頭になることはありません。

また男性よりもゆっくりした速度で薄毛が進行していきます。

 

もし女性で20代~30代前半の若いころに薄毛になったとしたら、不規則な生活や食生活の偏りや誤ったヘアケアが原因かもしれません。

しかし40歳頃から髪質が低下し始めたら、それはFAGAの可能性が高いです。

まだ脱毛が始まっていなくても、毛根が弱り始めているので育毛対策が必要になります。

 

育毛対策はいくつか選択肢がありますが、最も手近なものは育毛剤でしょう。

医師の処方無しに入手できる医薬部外品の育毛剤が多数販売されています。

それで効果が上がらなければ、育毛専門のクリニックで相談して、医薬品の育毛剤を処方してもらったり、メソセラピーや植毛などの育毛治療を受けることができます。

しかし育毛の基本は規則正しい生活とバランスの取れた食生活です。

心身共に健康を保ったうえで、正しい育毛活動に励んで美しい髪を作りましょう。

 

おすすめの記事