黄砂とPM2.5予報!大阪でも観測

中国大陸内陸部のタクラマカン砂漠、ビゴ砂漠等の乾燥・半乾燥地域で風によって数千メートルにも及ぶ高度にまで巻き上げられた土壌や鉱物粒子は偏西風に乗って、日本にまで到達します。これを黄砂といい、日本でも観測され問題となっています。大阪在住の私も例にもれず、この黄砂の影響には辟易しています。理由の一つが、土壌である砂粒や鉱物粒子。それらが積もるという事であり、ベランダはもちろん、窓は汚れ、洗濯物にも付着する。天気予報にも黄砂情報が流れるほどに関心の高い問題です。

黄砂による健康被害と対処

もっとも忘れてはいけない有害物質です。直径がuという単位になるほど細かな粒子が大気中に浮遊する。これがアレルギーを引き起こす原因にもなっています。砂の埃といえるほど細かな粒子は喉を傷め、最悪気管支も痛めて喘息を発症する恐れもあります。また、目などの粘膜に触れると充血や痒みを引き起こし結膜炎となるので非常に厄介です。外出する際はマスクなどを着用しますが、目だけはどうにもなりません。ゴーグルをつけるという訳にもいきません。仕事場の九州出身の方もこのことにボヤいていました。

中国に近い九州は特に被害が多いらしく。農家出身である為、作物への被害について話を聞くことがあります。外出の時はかなり神経質に対処してはいますが、かといって、部屋の中が安全かというとそういうわけでもなく、非常に細かい粒子は部屋の中にも侵入してきます。対策としては空気清浄機くらい。窓を開けての換気はできません。対処的には花粉と変わりません。家に帰った時は必ず、外で衣服の砂を払い。手洗いとうがい、目の洗浄を欠かさないよう心掛けて、家の中の換気は空気清浄機頼み。これが今のところ一番の対処です。

黄砂と花粉の見分け方

ところで黄砂と花粉はどのように見分ければいいのでしょうか?時期で判断すればいいのかという問いには「いいえ」と答えるしかありません。理由としては、黄砂は偏西風に乗って日本上空にやってきます。その時期は1~8月が最も多く、スギ・ヒノキ花粉が飛散する時期に合致します。そして、気候条件さえそろってしまえば季節を問わず日本に上陸します。唯一見分けるポイントとしては、花粉が生き物であり、黄砂は無機物であるという事でしょう。この違いは時間経過で確認できます。花粉は時間がたつと茶色や黒ずんできますが、黄砂にはその現象は見られません。ふき取って確認すれば一応の対策は考えることができるようです。

しかし、そちらよりも黄砂情報を確認するのが一番手短ではないでしょうか。頻繁に古季節になると天気予報でも紹介されます。テレビやパソコン・携帯電話などから確認するのが黄砂対策にとって最も重要です。

黄砂被害は年々増えているそうです。その一つに中国大陸での砂漠化の拡大が懸念されています。そして、忘れてならないのがPM2.5です。黄砂と共に飛来する微小粒子状物質は揮発性有機化合物、窒素酸化物、硫黄酸化物から生成されています。それらは中国大陸を霧で覆うほどの景色で世間を驚かせたと思います。PM2.5の影響を受けやすいのは中国に近い、福岡県や熊本県、長崎県、そして沖縄県を中心とした九州地方や愛媛県、徳島県、香川県、高知県の四国地方。そして広島や大阪府、愛知などの西日本でも環境基準値を超えるPM2.5による大気汚染が観測され始めています。

くれぐれも気象情報の確認を怠らず、外出時にはマスク着用、肌の露出を避けることが最良の予防です。また、帰宅したら衣服についた砂を払い、手洗い・うがい等の洗浄や肌ケアをするよう心がけてください。