女性の髪が少ないのは悲しいです

髪は女の命といいますが、男性なら結構「当たり前」な薄毛も女性にはキツイものがあります。

でも、女性も女性ホルモンの減る更年期の頃になると一気に抜け毛が増えますね。

かくいう私もそんな一人です。全体的にはそこそこ髪の毛はありますが前髪や分け目が薄くなってしまいました。

地肌が透けて見えてしまいそうなんです。

「人には気づかれたくない!」

その一心であれやこれや工夫しました。

まず、ロングヘアーを切ってボブにしてみました。

それまでは長い髪を一つに束ねていることが多かったのですが、そうすると髪の分け目がハッキリしてしまうので薄毛に気づかれやすくなります。

それにいつも髪を引っ張っているのと同じなので髪も抜けやすくなると思いました。

ボブくらいにするとフンワリとさせることが出来るので薄毛隠しには良いかと。

結果は満足までは行かないけれどまあまあな感じです。

分け目を変えて比較的髪の多いところに分け目を作るようにしました。

私は白髪染めもしているのですが泡タイプは髪に良くないと聞いたのでクリームタイプにもどしました。

泡タイプは本当にムラなく綺麗に染めてくれるのですがその分地肌に付きやすいと思います。

髪を本当に傷めたくなければトリートメントタイプの白髪染めが良いのです。

けれどトリートメントタイプは色が入りにくく、落ちやすいです。

忙しい人はそう度々白髪を染めてはいられないのでトリートメントタイプはあまり実用的ではないんですね。

ヘアーマニキュアも試しました。普通の白髪染めに比べて刺激が少ないですしわりとキチンと染まってくれます。ひと月弱色が持つようです。ただ難点は地肌に付くと落ちないところです。

セルフでやっていて地肌につかないように全体を染めるのは至難の業というか。

なので最近はあまり使っていません。やっても前髪のあたりかなぁ、という感じです。

そんなわけで、クリームタイプの白髪染めがやはりメインですね。

染め残しは出てしまいますがそれは見つけたら根本から切って目立たないようにしています。

最近は前髪を厚く切りました。

薄くなっている上あたりの髪を今までの前髪に揃えて切ると、ハゲてるところを上手く隠せました。

ただブローの時手を抜くと前髪がパックリと割れてハゲているところが見えてしまうので気は使います。

この方法で今はほとんどハゲは分からないと思います。

前髪は美容院ではなく自分で切りましたが、思いの外上手くいって良かったと思います。

前髪がフンワリとするとそれだけでも若返ります。

しばらくはこれで頑張ろうと思います。