薄毛の解決に役立つこと

私の父は昔から髪の毛が薄く、私も将来は父と同じように禿げてしまうのではないかと思っていましたが、案の定父と同じくらいの年齢に差し掛かり始めると、薄毛が気になり始めたのです。

やはり父から毛の薄さが遺伝したのだと、その時は落ち込んでいたのですが、嘆いてばかりではいられないので、何とかして対策を行っていこうと決意しました。

やはりこういった対処は早ければ早いほど良いので、思い立ったらすぐにでも行動することが大切です。

実際に私が行った対処方法とは、まずは昆布やワカメなどの海藻類を普段の食卓に盛り込んでくことから始めてみました。

ワカメ入りの味噌汁やひじきなど、如何にも髪の毛に良さそうな料理が毎日の食卓に並んだのです。

しかしそれでも髪の毛の生え際の交代は止まらず、いずれはかつらをかぶることも致し方なしかと思い始めるようになり、暇なときは気づいたらかつらのネット通販を物色していたりしたことが何度もありました。

それでも私は頭髪の復活を諦めてはおらず、今度は家族からのすすめで色々と育毛剤を試してみることにしました。

最近では医学的に効果の実証された確かな製品も多く、ネットなどで情報を検索するだけでも信頼できる育毛の情報が手に入るので、そういった情報を参考にして購入する育毛剤を試してみることにしました。

お試し育毛セットなど、利用できる物は何でも片っ端から利用してみることにしたのです。

いくつかの育毛剤を試してみて、効果のありそうなものが見つかったので、それを継続的に利用してみることにしました。

私が育毛剤を使用するときに常に心がけているのは、頭皮の血行を良くすることです。

とくに風呂上りなど、血行が良い状態で育毛剤を塗ることにしていて、使用する際にも工夫を凝らしています。

特に気を付けているのは、頭部の毛穴に満遍なく行き渡らせるということで、念入りに何度も皮膚をマッサージするように丹念に行っています。

その時の気分は、まるで畑を耕す農夫になったような気持ちです。

こういったことは、本当に毎日の地道な継続が積もり積もって成果となっていくので、あきらめずにじっくりと育毛を続けていくことにしました。

その甲斐あってか、あんなに後退していた生え際も元通りになり始め、頭頂部の薄くなった部分もボリュームが増えたのを実感し始めてきました。

今ではネットでかつらを物色するようなことも無くなり、正々堂々と自分の髪の毛で勝負できるようになって自信が付きました。