薄毛に悩み、あらゆる育毛剤を試してみた結果

40歳になった辺りから、朝起きて枕に付いている抜け毛が異常に多くなり、遂にこの時が来たかと目の前が真っ暗になりひどく落ち込んでしまったものでした。自分の親や親族を見渡せばこの私もいずれ薄毛、脱毛に悩まされるのだろうと覚悟はしていました。しかしいざその時を迎えた時のショックは簡単に受け入れられるものではなく、慌てて育毛剤、発毛剤など手当たり次第に買い求め使いましたが、満足行くものなど何一つありませんでした。

冷静に考えてみれば短期間に魔法の水のような効果が表れる育毛剤などある訳もなく半ば諦めかけていたのですが、これが最後とその当時にしてはかなり高額である発毛剤を試してみました。日本で唯一の発毛剤とテレビ等でも盛んに宣伝していたかなりメジャーな製品です。これで最後と決めていたのでそれまで1ヵ月も使って効果がなければ諦めていたものを、どうせなら最後まで使おうと続けてみたところ何と効果が出始めたのです。3ヵ月ほど使っていましたら抜け毛が驚くほど少なくなり髪の毛も少しづつですが芯が強くなっていきました。

ふさふさまでとは行きませんが、現状維持には十分な効果があったのです。気が焦るのは分かりますが、失ったものを取り戻すには時間が必要です。根気よく続けることが大切だと思いました。その発毛剤は現在も続けていますが、長らく続ける中で新たに発見したこともあります。細胞は年と共に老いていくものです。40代の細胞と50代の細胞とでは当然細胞の元気さも違ってくるわけです。ですから長年同じ発毛剤を使っていても効果の度合いが落ちてくるわけです。今使っている発毛剤以上の製品に出会えるのであれば話は違ってきますが、そうでない限り年を重ねて行く毎に抜け毛が増えてきます。

発毛剤の効果だけに頼らず細胞の老いが進まぬよう皮膚は当然のこと、身体全体の健康に気を使い全身のケアを忘れないことです。ある意味自然の摂理に反して髪の毛を増やそうとするのですからこのくらいの努力は当たり前かと思います。今現在の育毛、発毛剤の効果というとこの辺りが限界ではないでしょうか、この先、医療技術が進み画期的な発毛剤が開発されるかもしれませんが、しかし私たちの身体はやはり自然の流れでどうしても老いて行ってしまうものです。それに逆らうことはできませんが、老いの速さを遅らせることは努力次第で可能なことです。並大抵の努力ではないでしょうが、いつまでも若さを保つ為に日々の努力に励んでいただきたいと思います。