男の子の頭臭いの原因とシャンプーによる解決法

男の子のお子さんを持っている親御さんは、男の子の頭を臭いと感じたことがあるでしょう。男の子の頭臭い原因の一つがシャンプーです。「しっかりシャンプーはしている」という方もいます。

しかし、シャンプーの選び方や使い方が男の子の頭臭いの原因になっています。そのため、頭臭いの悩みを解決するためにはシャンプーを見直すことが大切です。

男の子の頭の臭いの悩み

お子さんを持っている親御さん、とくに男の子の場合、頭が臭いと感じたことがありませんか。小さなお子さんの場合、頭を洗ってあげたり、手をつないで一緒に歩いたりしていると思います。このように接近したときにとくに臭いが気になるのではないでしょうか。

「シャンプーはきちんとしている。なのになぜ臭うの?」そんな疑問・悩みを抱えている方もいるはずです。臭いが気になるようだと、学校でいじめられないかといったことも心配です。

親として子供の臭い対策をしっかりとしなければと責任を感じている方もいることでしょう。

男の子の頭臭い原因とは

男の子の頭臭い原因の一つが汗や皮脂です。

成長期の男の子は頭皮から活発に汗や皮脂を分泌します。汗や皮脂自体には臭いはありませんが、汗や皮脂に含まれる成分を雑菌が分解し、雑菌が繁殖をすることで臭いが生まれます。

成長期の男の子は成長ホルモンの分泌が活発です。成長ホルモンは汗や皮脂の分泌量を増やします。そのため、男の子の頭の臭いが気になるのです。

汗や皮脂を取り除くためにきちんと毎日シャンプーをしていることでしょう。それなのになぜ臭うのでしょうか。

それは、シャンプーの選び方や使い方に問題があります。

シャンプーといっても洗浄成分には大きく分けて3つのタイプがあります。頭皮のことを考えた洗浄成分を選ばないと、頭皮環境が悪化をして皮脂分泌量を増やすことになります。

また、毎日きちんと洗っているつもりでも実は丁寧に洗えていないこともあります。シャンプーしたつもりでも頭皮に汗や皮脂が残っていては雑菌が繁殖することになり、臭いが気になってしまいます。

臭いの悩みを解決するには

シャンプーの洗浄成分は大きく分けて3つのタイプがあります。

1つめは高級アルコール系です。高級とは高価なという意味ではなく、炭素数が多いという意味です。高級アルコール系の洗浄成分は洗浄力が高いことが特徴です。しかし、高い洗浄力によって潤いを保つために必要な皮脂が必要以上に落とされてしまい、頭皮が乾燥することになります。頭皮が乾燥をするとこれ以上乾燥しないように守るため、皮脂分泌量が増えてしまいます。

2つめは石けん系です。石けん系の洗浄成分は髪がきしみ、使い心地がよくありません。髪がきしむと絡まってしまいます。

3つめはアミノ酸系です。頭皮や髪はアミノ酸で構成されていますが、アミノ酸系の洗浄成分は穏やかな洗浄力が特徴です。汚れを落としながらも適度に潤いを残します。

3つの中でおすすめはアミノ酸系の洗浄成分です。成分表にはココイル○○、ラウロイル○○といったように表記されています。適度に潤いを残しながら洗うことで頭皮環境を守ります。

そして、洗い方も重要です。

臭いが気になると一生懸命に洗って臭いを落とそうとしてしまいがちですが、ゴシゴシ洗うと頭皮を傷つけることになります。頭皮が傷つくことで頭皮乾燥が進行をし、頭皮を守るために皮脂分泌量が活発になってしまいます。

シャンプーをするときには、マッサージをするように優しく行うことがポイントです。指の腹を使って頭皮をなでるように洗いましょう。泡をよく立てておけば泡の洗浄力が汚れを落としてくれるので、強くこすって洗う必要はありません。そして、最後に十分にすすぎを行います。

頭皮がすっきりに

頭皮を清潔に保つことで臭いが発生しにくい状態に整うことが期待できます。

まずは毎日のシャンプーを見直すことが大切です。ゴシゴシと洗っている方は少なくありませんが、ゴシゴシ洗いは頭皮環境を悪化させて臭いの悩みの原因となってしまいます。洗う際には強くこすらずなでるように優しくすることを心がけてみてください。

小さな男の子の場合、自分では頭皮のすみずみまで洗えていないことがあります。このような場合は親御さんがシャンプーを手伝ってあげるとよいでしょう。その際も強くこすらないように気を付けてください。

まとめ

自分の子供の頭皮が臭っていると思うと気になるものです。学校でいじめられないかといったことも心配になってきます。深刻に悩んでいる親御さんもいることでしょう。

臭いが気になるようなら、まずは使用しているシャンプーと洗い方を見直してみてください。何気なく使っているシャンプーや何気なく行っている洗い方が臭いの原因となっている可能性があります。

シャンプーは毎日のように行うことです。毎日行うことを見直して、臭いの気にならない状態を目指してみませんか。

コメントの入力は終了しました。