うつ病が薄毛の原因?30代の体験談

33歳の埼玉県在住の公務員男性です。30代で薄毛に悩まされています。しかし、一方前向きになりながら日々生活を送っています。

私の場合は、前頭部や頭頂部から徐々に薄毛になってしまうのではなく、全体的に毛の量が減り、スカスカになってしまうパターンの薄毛でした。

うつ病も影響している薄毛の体験談をご紹介いたします。

うつ病が原因の薄毛

最初はそんなに気にしていなかったのですが、仕事のストレスや疲れが原因で数年前からうつ病と診断されて、治療をしていた時期に同時に起こったことでした。そのうつ病により、身体と心がストレスを感じたことで薄毛も起こってきた、と医師に言われました。

個人的にはうつ病が原因の一つということはあまり考えておらず。「祖父と父もそうだった通り、ハゲが私にもついに来たんだな」というぐらいでしか考えていませんでした。

今ではうつ病がだいぶ良く、社会復帰ができるまで回復したので、その一方で薄毛治療をはじめることにしました。

薄毛と向かい合う

そして自分の薄毛を自覚し、これに対してしっかり向き合っていこうと考えました。そしてまず同じく薄毛の友人に相談したところ、飲むタイプの育毛剤をすすめられ購入することにしました。

実際育毛剤を飲むようになってからまる1年は、それほど変化はありませんでした。そして周りから「無駄な抵抗はやめろこのハゲ」と冗談交じりにからかわれるようになっていったのですが、それがとても辛かったです。薄毛に向き合い育毛剤を飲んでもなかなか効果が出なかったのが大きな悩みでした。

20代後半の頃なので数年前からです。20代の後半の頃から日々の生活で髪質が変わったことを感じるようになりました。

そのときはそれほど深く考えていなかったのですが、次第にそれを感じる頻度が多くなっていき、それと共に急に抜け毛が増えるようになっていきました。

抜け毛により薄毛対策

30代に入った頃になると、一段とまた抜け毛が増えるようになりました。パッと見で地肌がしっかりと見てわかるほど髪の毛は細く、少なくなってさらにスカスカになってしまいました。

育毛剤やシャンプーの改善などいわゆる「誰にでもできる方法」は全て試しました。それでも効果が現れませんでした。もし私が「ハゲても仕方ない」と納得できる年齢であれば諦めたのかもしれませんが、まだ30代で諦めきれない年齢でもあったので本格的にAGA治療をはじめてみようと思っています。

また一方では薄毛であることは事実ですのでそれを認め、「何もできないカッコ悪いハゲ」ではなく「輝いているカッコいいハゲ」になれるように仕事や趣味に更に磨きをかけていきたいと思っています。「ハゲているから」ということを糧にして自分磨きを頑張っていきたいと思います。

コメントの入力は終了しました。