札幌雪祭りのときのホテル確保には苦労しました

札幌雪祭りへのあこがれ

札幌雪祭りに参加することは長年の夢でした。テレビで見ていると、素敵な雪像が大通り一面に繰り広げられており、いつかは絶対に見に行くぞ、と思っていました。

ただ、私は雪の少ない地域で育っており、雪や冬の寒さにはなれていません。そのため、憧れている札幌雪祭りをいつか見に行くぞ、と思っていても、その勇気を持つことができませんでした。

ですが、今年の札幌雪祭りは、どうしても行きたい衝動にかられ、休みを無理やり取り妻が一緒に行ってくれる、というので、勇気をもって一緒にいってもらうことにしました。

ツアー探し

まずは、札幌雪祭りに行くツアーを探しました。ですが、私たちが行くことができる日程のツアーはどれも驚くほど高いものでしたし、周辺観光もついているといったものであり、私たちのニーズに合っているものではありませんでした。

加えて、飛行機のマイルがたまっていたこともあって、それをうまく活用したい、と考えたこともあって、個人手配の旅行にしました。国内ですし、札幌ですから、飛行機と電車でなんら移動にも困らないということもありました。

ホテルの確保

そうなると、問題はホテルです。札幌雪祭りの開催される数か月前にホテルの確保をしようとしたのですが、この段階でも難しいかな、と思ったのですけど、ホテル自体はまだ確保可能でした。問題は場所と値段です。

雪になれていない私たちの移動、混雑をしているなか、地下鉄などでは移動したくない、ということを考えると、雪祭りの会場から徒歩で行ける範囲内がいいかもしれません。

しかも、できれば、札幌駅からホテルまで、もしくは地下鉄の駅からホテルまでは、地下道も多く利用できるところがよいという条件で探すと、ホテルは限られてきており、価格的には随分高くなりました。それでもそのなかで5件程度ピックアップをしました。

口コミで判断

そこからは、口コミの確認をしました。アクセスのよさやホテルの室内環境の良さや悪さ、従業員の良さや悪さといったこと、朝食についてなどです。

口コミをどの程度信頼するかという問題はありますが、多くの口コミが寄せられている場合、その内容に関する信ぴょう性は高いと考え、そういったところから、最終的に一つのホテルに絞り予約をしました。

予約の早さが勝因

ツインで、休日前の宿泊予約でしたが、一人10000円をしない程度の価格でした。実際、宿泊をした感想からいえば、このホテルでよかった、ということです。

客室数はあまり多くないホテルではありましたが、いわゆる星でいえば、四つ星ランクのホテルで、この値段にこの時期に泊まることができる、というのはラッキーでした。

この勝因は、やはり予約時期の早さだと思います。キャンセル不可の物はともかく、多くの場合、キャンセルができるプランが多いので、そういったプランを探して、出来るだけ早くにホテルの確保をすることをお勧めします。