自分が薄毛と気づいて、率直に感じたこと

薄毛というと、どうしてもモテない、卑屈、暗いなどが思い浮かばれ、いいイメージはありませんでした。そんな自分がまさか薄毛になるなんて、信じたくありませんでした。頭頂部を携帯カメラで撮影し、画像を見てみると明らかに頭皮が透けて見えるほどに薄毛が進行していました。

どうしよう、どうしたらいいんだ、なぜ自分がこんな思いをしなければいけないのか。そんな気持ちばかりが頭に浮かび、実際にどうするかを考えることができるようになるまで、かなり時間がかかりました。ネットで調べてみると、一つはスキンヘッドにしてしまうことでした。髪があるから薄毛とバレてしまう。だったら髪を全て無くしてしまえばいい、という考えのようでした。

でも自分にはスキンヘッドは似合わず、職場環境もあってこの方法はとれませんでした。次に考えたのはカツラ。これも調べてみると、かなりの高額であるとのことでした。しかもカツラを作ってからも、定期的にメンテナンスが必要になるようでした。これも無理でした。金銭的に負担が大きすぎたからです。

薄毛を治す方法はないのか。調べるうちにAGAという単語に行き着きました。AGAって何だろう?男性特有の薄毛になる症状のことをAGAと呼ぶそうです。加齢とともに薄毛が進行し、これを食い止めるにはAGA専門のクリニックで処方されるミノキシジル、フィナステリドという薬を飲むことしかないということが分かりました。

かかる金額も、カツラに比べると安価で、続けられそうでした。自分は藁にも縋る思いで、AGAクリニックに連絡し、薄毛に悩んでいること、薄毛を克服したいことをお話ししました。まずは無料カウンセリングがあるとのことだったので、無料であるならと思い、申し込みました。無料なのでそこまで期待できないだろうと思っていましたが、自分の知らないことをたくさん教えて頂き、有り難かったです。

治療にかかる金額、期間、メリットとデメリット、治療効果には個人差があることなど、本当に丁寧に誠実に話して頂けました。ここなら薄毛が治療できるかもしれない、ここでダメなら仕方がないとあきらめがつくかもしれない。そう思った自分は、すぐにAGA治療を開始したいことを伝えました。

治療を開始してもうすぐ一年になりますが、髪はかなりのボリュームを取り戻しました。本当にAGA治療をやってよかったと思います。まだ薄毛にお悩みの方は、無料カウンセリングだけでも行くことをおすすめします。必ずあなたの力になると思います。