薄毛や白髪の悩みとプロペシアやスピルリナの効果

男にとっての悩みはかなり深刻で、その年齢が早ければ早いほど深刻度も増すようです。

私は自分の薄毛を妻に指摘されるまでは、それほど悩むことはありませんでした。それまではⅯ字、つまり前頭部の両側の髪がが少なくなっていたのと白髪がある程度でしたが仕事上の悩み等で頭頂部が短期間で一気に抜けるという経験をしました。

私はそれまでほとんどと言っていいほど、髪へのケアを怠っていて洗髪も週に1.2度でしかも刺激の強いシャンプーを使っていました。ただ頭頂部の薄毛を指摘される3か月ほど前からは、妙に抜け毛と白髪が増えてきたのを今でも覚えています。それでも当時は職種が変わったばかりで、仕事の事に精いっぱいで髪のことなど気にしてる余裕すらありませんでした。

全く哀れな時期でしたが、妻に言われるまで本当に実際気が付かなかったのです。なぜかというと、髪というのは手で触ったくらいではその実態は分からないし、特に頭頂部は手鏡を使わないと抜け毛に気づきにくいのです。

それで私はおそるおそる洗面台の前に向かって手鏡で覗いてみると、想像以上に深刻な状況だったというわけです。その日から私は、ネットで検索しまくってまずプロペシアという薬が抜け毛に有効でうまくいけば髪も復活するらしいことを知りさっそくネットで購入しました。

それから洗髪も刺激の少ないもので毎日行うようにしました。あとはサプリメントですが、取りあえず亜鉛を飲むようにしました。薬の方は1か月程使用してみて、多少の効果があったものの今一つ物足りなさを感じてミノキシジルという成分の錠剤を追加購入して飲むことにしました。

この薬はかなりの効果がありました。私はその頃自分の髪を携帯写メで確認していましたが、日毎というのは大げさですが1週間単位で髪が復活していくのが分かりました。ただ、薬に作用と副作用がつきものなのはどれも一緒で、特にこういった薬は自己責任ということは前提としてあるのですが、私も多聞に漏れずといった経験があります。

まずミノキシジルのタブレットを飲み始めてから、すごく顔のむくみが出てきました。これは心臓への負担が想像できましたし、男性的な機能もガツンを落ちてきます。私は当時も既に中年を過ぎてましたが、若い男性にはそこまでして髪の問題を解決しなければならないというのは酷だなと思っていました。

私の場合はある程度の髪が復活した時点でのミノキシジルはやめることにして、プロペシアの塗り薬のみに変更しました。その時はスピルリナの事はもちろん知りませんでした。

スピルリナが抜け毛や白髪の予防になって、しかも副作用もないとしたら今後試してみたいものです。