私の薄毛地獄体験記

私は現在46歳の普通のサラリーマンのおっさんです。サラリーマンにつきもののストレスも当然のようにあり、30歳くらいの頃から薄毛に悩まされてきました。薄毛の怖いところは、初めのうちは自分ではなかなか薄くなってきたことに気が付かないんです。そうです、これが一番怖いところで知らないうちに「結構いってる」状態に発展してしまいます。もし気が付いたとしても、薄毛に対する予防も対策もわからないのでどのように対処するべきかを知りません。

できることなら20代のうちから勉強して情報を集めておくことが慌てず対応できるための秘訣ではないかと思います。私は30歳の頃に周りの人から「あ~年とってきたね~」と言われたことが妙にひっかかり、もしかして!と思ったことがきっかけで薄毛対策を始めました。そうです、ここからが私のハゲとの格闘が始まることになります。

その頃は何を使ってどのように対処したらよいかわからず、とりあえず有名どころの頭皮に直接つけて作用させるものを数年間使用していました。ところが薄毛が改善されることはなく、順調にハゲの悪魔に侵されていったのです。ふと気がつたときには結構ないじゃないですか!そこで私はハゲに打ち勝つために、ハゲの原因となるものを根本的に勉強しはじめ、

結果として男性ホルモンの中にハゲを促進する成分が含まれている事を発見しました。これでノーベル賞確定です。私はそこからというもの、その悪魔のような成分を抑えるための何かを発見するために猛勉強を始めました。

勉強のあまり睡眠不足気味になりハゲが促進したのは言うまでもありません。そしてついに!見つけました!ハゲは服用する薬やサプリで内側からハゲの成分を抑える事が有益であるということを!これで内閣総理大臣賞確定です。もうそんな神のような成分が入った薬はどこで売っているのか探しまくり、ついに見つけた時には速攻で注文!届いたら速攻でゴクッ!ここから始まって5年後、周りから素敵な会話が聞こえてきました。「なんか増えたような・・」「え・・?もしかして・・・よっしゃー!!」やっとその声を聞くことが出来た!さらに使い続けること数年、朝のヘアーセットが超楽!これは薄毛に悩まされた人ならわかると思いますが、どうやって薄い部分に髪を持ってくるかってのに時間を費やすんですよ。

もうこれが解消されてきたときには、さすがに勉強してよかった!と思いました。若いうちは経験がないのでもがくと思いますが、せっかくハゲ地獄を経験して色んなことを知ってるおっさんがいるのだから、後悔したくなかったら素直に聞いた方がいいよ~。