アニサキスの治療と薬などについて

最近流行ってるアニサキスというのはそもそも何かというと、アニサキスはそもそも寄生虫の一種になり、その中の幼虫がアニサキスと言われている虫になります。このアニサキスは魚介類の内臓に寄生しているため、主に人間に感染するという事は食品を通じない限りありえないとされていますが、最近ではアニサキスが日本中に広まりそしてこれが原因で食中毒になったり、他にも、漁師が釣る海鮮類の虫としてついてきてそれが除菌されてなくついてくる事があります。

それが、スーパーや店頭等に並べてしまうとお客の口に入りそこからアニサキスが体内に入り内蔵を攻撃したり、また、身体の内面を攻撃しそこから食中毒になったりする事があります。そして、この中毒が起こると人は急性胃アニサキス症という症状に襲われ、一般的には食後大体二時間後か、数時間後にみぞおちの激しい痛み、悪心、嘔吐を生し最悪な場合は死んでしまいます。他にも、この食中毒の大きな特徴としては激しい腹痛にすぐに襲われてしまう事があります。

また、この虫で引き起こす食中毒は近年増加しそして感染している患者も増えている為

日本の厚生労働省もできるだけ 生の魚や貝類を食したりするのはやめて出来るだけ火を通し食べる事を強く勧めています。他にも、この食中毒にかかった場合の治療としては主に薬か点滴か抗生物質が渡されたりします。

酷い場合は入院して薬を飲みながら点滴などの治療を主に、医療機関を通し治療する事が主になります。また、アニサキス食中毒になってしまったら中々治りにくく身動きが上手く取れない事も難問になってる一つといえます。また、医療機関にかかっても大体が薬等の治療が主で食中毒の比率も年々増加もしています。そして、アニサキスが最も多く生息しているのはサバが主となり次にイワシ、アジ、イカ、サンマとなっており、一般的にはあまり、160種類以上のアニサキスがごく一部の魚の中で見つかったりしているというデーターが日本全国で取れています。

そのため、最近では市場でアニサキスがサバ等の魚等につきやすいという事から一部のスーパー等では販売自体を停止または、一部の魚の販売を廃止しているところがあります。

また、アニサキスの主な特徴は細長い寄生虫で特に生魚の刺身などについている可能性が高いため刺身でもしゃぶしゃぶ風にして食べたり、火を通して食べた方が安全といえます。

また、刺身等の生魚にもしついている可能性がある場合はしっかりとそして良く噛んで刺身などを食べると、アニサキスは殺されるため、今の時期刺身や生魚を食べたりする機会が多くなるため、そういった場合はちゃんと良く噛んで、食べる事が大切といえるでしょう。

また、病院で治療しレントゲンをとり薬で痛みをある程度抑えていても2日から3日まで大体の人は、痛みが続いたりする傾向にあるので、アニサキスには注意が必要です。