薄毛になったら諦めてハゲかカツラ

私は現在40歳の男性ですが、薄毛進行中です。まだ今の所は髪の毛がまとまりにくいなってぐらいの毛の量なのですが、このまま薄毛進行して酷い状態になったらどうしようかと悩んでます。私的には完全に諦めがつくぐらいの薄毛になったとしたら、ハゲにするか経済的に余裕があればカツラも悪くないと思ってます。しかしカツラで薄毛を隠すんじゃなく、2.3個カツラを用意しておいて気分に合わせてカツラを変えるファッション的な意味で用意したいなって思ってます。なぜこういう風に考えるようになったかというと、私が20代後半の頃に勤めていた薄毛の上司をみてきたからです。

この上司は私より5歳上で30過ぎの若さでした。顔だけで言うとイケメンに近いぐらいで、20代半ばまでは結構モテてたそうです。しかしアラサーになってから髪の毛が薄くなりだし、私と初めて会った時の前髪はスダレ状態でした。髪の毛の密度が薄いだけで、お笑い芸人のように地肌が丸見えのようなハゲではないんです。下手に髪の毛があるからか、密度の薄い前髪を眉毛ぐらいまで垂らそうとしてるんです。

もし前髪を前に垂らさずに後ろに上げてたら頭頂部付近の髪の毛と重なり、おでこは大きく感じるものの大して薄毛は目立ってなかったと思います。でも前髪を垂らすことによって頭頂部とオデコの間の髪の毛がスカスカになり、ちょっと風が吹いただけで頭皮の地肌がチラリズムで見えてしまってました。ぶっちゃけこの上司がもっと年上だったり、ハゲていようがなかろうがブサイクな人だったら何も感じてなかったと思います。ただ薄毛だなって感じてだけです。でも下手に顔が良いばかりに薄毛を隠そうとする姿を滑稽でしたし、努力とは逆に見苦しいって感じました。こういう上司を見てきたので、もし私の薄毛進行が酷くなったら下手に抵抗はせず、ツルッパケにするか諦めてカツラを購入するかしたいなと思ってるわけです。

カツラにする場合、何故複数もちたいかっていうとこれはテレビ番組の影響を受けました。

その人はごく普通の一般人の方で、70過ぎぐらいのおじいちゃんでした。最初番組に映った時、カツラをかぶってたのでフサフサ状態でした。カツラと感じるような違和感もなく、単純にお年を召してるのに髪の毛沢山あるんだなって思ってみてました。テレビのリポーターとおじいちゃんが話しをしてて話題が髪の毛に移りました。年齢のわりにフサフサですよねって感じのことを話すと、おじいちゃん何を思ってかコレはカツラじゃよってカツラであることをカミングアウトしてきたんです。しかもその場でカツラをとって、ホラハゲとるじゃろ?って明るく楽しそうに話すんです。これにはレポーターも興味を持ったんでしょう。そのまま話を続けてると、実は他にもカツラを二つ(合計三つ)もっててTPOに合わせて使い分けてるんじゃって話すんですよね。私にはとてもオシャレなおじいちゃんだと感じました。

よく考えたら女性も薄毛隠しの為にレディース用カツラを買ったり、エクステとかもしたりしてます。しかもそういうことをしているのに、堂々としてます。同じカツラでも男性はオドオドとバレナイようにしてるんですから大違いですよね。このおじいちゃんをキッカケに、カツラは恥じるものではないと感じましたしオシャレ的な意味でカツラを着用するのもアリだなって感じたんです。ただ、ちゃんとしたカツラを数個購入するとなると結構なお金が必要ですし、もしかなり薄毛進行した時はハゲにするか、おじいちゃんのようにオシャレカツラのどちらかにしようと思ってます。